未分類

第46候 雷乃収声(かみなり すなわち こえをおさむ)

そういえば、雷を聞かなくなりましたね。雷は来年までお預け、ということを「声を収む」と表現しているところが好きです。激しく、時として恐ろしさも感じる雷のことを、なんだか温かく包み込むような感じで。また来年ね〜みたいな。

ちなみに第12候(3/31~4/4頃)が「雷乃発声」(かみなり すなわち こえをはっす)です。

昨日、2018年9月22日は、昼と夜の長さが等しい秋分の日でした。二十四節気も、昨日から「秋分」です。二十四節気と七十二候については、また別途解説しますね。

・季節の花
彼岸花(ひがんばな):お彼岸の頃に咲くので、彼岸花。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいいます。鮮やかな赤色が映えますね。

清水寺にて

 

スポンサーリンク