二十四節気・七十二候とは?読み方や旧暦との関係をやさしく解説

私が二十四節気・七十二候に興味を持ったのは、
5日ごとに替わる言葉と季節の移り変わりがぴったり合っていて、
驚いたことが始まりです。今から4、5年前でしょうか。

端的に四季を表す美しい表現に、
そして、昔の日本人の感性に、すっかり虜になってしまいました。

元は中国の暦ですが、日本人の暮らしに合うように、
何度か改定されています。

このブログもそうですが、現在書籍などで記されているのは、
明治時代に改定された「略本暦」の名称や読み方が一般的です。

スポンサーリンク

二十四節気・七十二候の読み方

♦読み方
二十四節気:にじゅうしせっき
七十二候:しちじゅうにこう

声に出して何度か読み上げると、音のリズムに慣れてきますよ!

二十四節気・七十二候は、明治5年(1872年)に採用された
太陽暦(グレゴリオ暦)以前に、日本人が使っていた暦のことです。
つまり旧暦です。

旧暦・太陰太陽暦とは?

そもそも旧暦は、「太陰太陽暦」と言って、
月(太陰)と太陽の両方の動きを元に作られたもの。

ひと月は、月の満ち欠けを基準に、
新月から次の新月までの約29.5日を1ヶ月とし、
日付を追っていくために使われていました。

それとは別に、季節感をつかむために、
太陽の動きを元にした二十四節気が使われていました。

月の動き=太陰暦は、月を見ただけで何日かがわかります。

今でも、15夜のお月さま〜♪といって満月なのも、
新月から15日目が満月になるからで、三日月は新月から3日目だからです。

でも、29.5×12=354日で、365日には11日足りません。
なので2-3年に1回、1ヶ月多い年を作って調整することになります。

これはこれでいいのですが、、、農業の暦として使ったり、
季節感を味わうには毎年のズレが気になります。

そこで、太陽の動きを元にした太陽暦が必要になってくるのです。

なので、両方合わせて、太陰太陽暦。
明治の始めに、西洋に合わせて太陽暦に改定されるまで、
この暦が使われていました。

二十四節気とは?

二十四節気は、太陽の通り道から1年を24の節気に分けたもので、
1節気がおよそ15日。

冬至、春分、夏至、立秋など、
今でも季節の節目として馴染みのある言葉が多いです。

春夏秋冬という4つの季節は、この区切りをよりどころにしているそうです。

七十二候は?

一方、七十二候は、この二十四節気をさらに、
それぞれ3つに分け、約5日ごとの季節の移り変わりを表現したものです。

24×3=72季節。

暦の始まりを例に、見てみましょう。
旧暦なので、現在の2月がスタートです。

春夏秋冬はそれぞれ「初・仲・晩」の3つに分かれて
12の季節になります。春の場合は、

2月:初春
3月:仲春
4月:晩春

初春は、立春と雨水に分けられ、それぞれ、
さらに3つの区分に分けられたのが、七十二候です。

月名二十四節気七十二候現在
初春立春(りっしゅん)第1候 春風解凍(はるかぜ こおりをとく)
第2候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)
第3候 魚上氷(うおこおりをいずる)
2/4頃~
 雨水(うすい)第4候 土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)
第5候 霞始靆(かすみ はじめてたなびく)
第6候 草木萌動(そうもく めばえいずる)
2/19頃~
仲春啓蟄(けいちつ)
春分(しゅんぶん)
 3/6頃〜
3/21頃〜
晩春清明(せいめい)
穀雨(こくう)
 4/5頃〜
4/20頃〜
初夏立夏(りっか)
小満(しょうまん)
 5/5頃〜
5/21頃〜
仲夏   
晩夏   
続く…   

「気候」の語源は、二十四節気と七十二候!

気候という言葉の「気」は、二十四節気の気。
「候」は、七十二候の候、から取られているそうです。

「気候」という言葉を見るたびに、この由来を思い出し、
感慨深いな〜と思ってしまいます。

今となっては、日常生活が太陽暦で動いており、
全く不便はありませんが、

七十二候の言葉を見ていると、
この暦は次世代に守り伝えていきたい!と強く感じます。

気温や湿度で季節の移り変わりは感じますが、
道端に咲く花を見て、空や風を感じて、季節を語れると、
ちょっぴり素敵な感じがしませんか?

このブログでは、七十二候に沿って、約5日ごとに暦を更新しています。
暦に加えて、都内や旅行先で撮影した季節の和花も載せています。
みなさんもぜひ、旧暦生活、一緒に始めませんか?

スポンサーリンク